読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイブーム@技術と生活

仕事や生活に関わる技術的なことを記述します。

Windows 10 TP から正式版へのアップグレード(0x8024043d エラー)

新規デスクトップPCに Windows 10 Technical Preview を入れて使っていましたが、Windows Update を使って、正規版にアップグレードしようとしたら、0x8024043d エラーによりできませんでした。Build 10041 辺りで放っといたし、 MS SQL ServerVisual Studio 2013 も入っているし、そもそも TP 版のみから正規版に無償でアップグレードできるのかどうか。

f:id:sato7411:20150802235007p:plain

 
以下、このページを参考にして、アップグレードした手順です。
 
  1. インストール途中で Windows のシリアルナンバーが必要になるとのことで、用意します。上記ページにシリアルナンバーを表示するスクリプトが記述されています。記述をメモ帳にコピー、貼り付けしてもできるかもしれませんが、ダブルクォーテーションの書き換えが面倒です。リンクから vbs ファイルをダウンロードしました。vbs ファイルを実行すると、そのPCの Windows シリアルナンバーを表示します。※実際は、インストールで、シリアルナンバーは使いませんでした

  2. MicrosoftDownload Windows 10 ページから、64ビット版の iso ファイルをダウンロードします。Setup.exe を実行し、1度 Windows アップデートが行われますが、その後インストールを開始しました。
    特に問題なく、インストールは完了しました。 

 

Windows 10 で特に何か変わったわけではないように思えます。8.1 のスタート画面でも、背景をデスクトップと同じにできるよう修正されてからは、嫌ではなかったのだけど。