読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイブーム@技術と生活

仕事や生活に関わる技術的なことを記述します。

ポケモン Zリング

ほとんど話題になっていませんが、「ポケモン Zリング」なるものが発売されるようです。

TAKARA TOMY

2016.11.18(金)
ポケモン サン・ムーン」と同時発売!

ゲームと連動する「ポケモン Zリング」をキミの腕につけよう!

Zワザの迫力をリアルに体感!

Zワザに、音、光、振動でシンクロ! 4D体感!

価格:2,600円+税

※「デンキZ(黄色)」以外のクリスタルは別売です。 ※画像はイメージです。

 

3DSと連動とは、Bluetooth Low Energy だろうか
ポケモンGOプラスと同じ?しかし 2,600円

to react simultaneously to the devastating Z-MOVES in the video game with sounds, lights and vibrations! 音、光、振動で、ゲームの強力な Z ムービーと同時に反応する

Bring the battle play to life by pressing the button on the Z-RING to experience the different colors, lights and vibration with each Z-CRYSTAL! それぞれの Z クリスタルを使い、様々な色、光、振動を感じ、Z リングのボタンを押して戦闘を実際に体験する

Two AAA batteries are required and included with the set. 2つの単4型乾電池が同梱

 

今遊んでいるゲームのポケモン
ポケモン サン・ムーン』につれていける!
ニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト『ポケモンバンク』が
この冬以降、『ポケモン サン・ムーン』に対応してつながるぞ!※
※ヴァーチャルコンソールも今冬対応予定

ポケモンGOも対応する?

 

ポケモンGO、世界の熱狂

ニューヨーク(米国)

  https://www.youtube.com/watch?v=MLdWbwQJWI0

  https://www.youtube.com/watch?v=eh2w1KQCmRw

ベルビュー、ワシントン州(米国)

  https://www.youtube.com/watch?v=mZcUFHCYcbU

 

台湾(中国)


www.youtube.com

  https://www.youtube.com/watch?v=trzb9bAIKpA

 

マドリード(スペイン)

  https://www.youtube.com/watch?v=XRBielBXqK8

ジラルデット橋(ドイツ)

  https://www.youtube.com/watch?v=gl9f8VPiCts

ブリュッセル(ベルギー)

  https://www.youtube.com/watch?v=KbEoaab4Pf0

ラ・ヴィレット公園(フランス)

  https://www.youtube.com/watch?v=gOJJ1ywiJ1M

ハーバーフロント(カナダ)

  https://www.youtube.com/watch?v=bMtsBOL7vTc

カイクダイン(オランダ)

  https://www.youtube.com/watch?v=XIIqLg5nxgY

ロンドン(英国)

  https://www.youtube.com/watch?v=oPsjrP8Ln3w

  https://www.youtube.com/watch?v=Xj-C2O9dbXE

ブラジル

  https://www.youtube.com/watch?v=wXVslADAxPw

サイアムスクエア(タイ)

  https://www.youtube.com/watch?v=9c7HcBcMnFc

カイサニエミ公園、ヘルシンキ(フィンランド)

  https://www.youtube.com/watch?v=aGn4-ogO_Ps

 

マリーナベイサンズ(シンガポール)

www.youtube.com

上野公園・不忍池(日本)

www.youtube.com

 

 

.NET プログラマの JavaScript、Node.js 勉強

[Object]
JSON形式で表現するデータ型
キーと値のペア
{"name": "John Smith", "age": 33}

[ProtoBuf]

[RequestEnvelop、ResponseEnvelop]

[EventEmitter]
on('イベント名', function() { ... で実行

[var self = this;]

[module.exports]

[無名関数、即時関数、コールバック関数、ミドルウェア関数]
var abc = function (){...};
(function(){...})();
self.SetLocation = function (location, callback) {
 if (!location.name) {
  return callback(new Error('You should add a location name'));
 }
 callback(null, self.GetLocationCoords());
}
middleware function
関数を変数のように扱う
そのまま使用は、受取る変数
return は、実行後結果をイコールで戻す

MongoClient()
connect(url[, options], callback)
 Arguments:
  url (string) – connection url for MongoDB.
  [options] (object) – optional options for insert command
  callback (function) – this will be called after executing this method. The first parameter will contain the Error object if an error occured, or null otherwise. While the second parameter will contain the initialized db object or null if an error occured.
 Returns:
  null

 

[ArrayBuffer(typed array、JavaScript)、Buffer(Uint8Array、Node.js)]
Octet Stream

 

[forEach]
非同期になるきっかけは「処理に時間がかかるもの」ではなく、非同期メソッドを使うか否か
http://qiita.com/ishisak@github/items/cee2811a5a131d4ef946

 

 

Poke.io

参考:https://github.com/Armax/Pokemon-GO-node-api

ポケモンGO API node.js ライブラリ <開発中>

Discord に開発チャンネルがあります。開発でのみ使います。サポート問合せはしないでください。

example.js の例を確認してください。

 

インストール方法と使い方:

npm install pokemon-go-node-api
var Pokeio = require('pokemon-go-node-api')

 

マニュアル:

■ Pokeio.init(username, password, location, provider, callback)
ポケモントレーナークラブまたは Google アカウントで Pokeio を初期化する。地名または緯度・経度を指定できる。
username {String} ポケモントレーナークラブまたは Google アカウントのユーザー名
password {String} ポケモントレーナークラブまたは Google アカウントのパスワード
location {Object} 位置は、
  type = 'name' と name
  type = 'coords' と latitude、longitude、altitude
  の組合せで指定する
type {String} 'name' または 'coords'
name {String} Google マップ API を使い検索する地名
coords {Object}
  latitude {Number} 緯度
  longitude {Number} 経度
  altitude {Number} 標高
provider {String} 'ptc' または 'google'
callback {Function(error)}
  error {Error} エラー

■ Pokeio.GetAccessToken(username, password, callback)
Pokeio 内部変数に、接続チケットを保存する
username {String} ポケモントレーナークラブのユーザー名
password {String} ポケモントレーナークラブのパスワード
callback {Function(error, token)}
  error {Error} エラー
  token {String} チケット

■ Pokeio.GetApiEndpoint(callback)
Pokeio 内部変数に、API 終点を保存する
callback {Function(error, api_endpoint)}
error {Error} エラー
api_endpoint {String} API 終点

■ Pokeio.GetProfile(callback)
callback {Function(error, profile)}
error {Error} エラー
profile {Object} プロファイル
  creation_time {Number} 作成時間
  username {String} ユーザー名
  team {Number} チーム
  tutorial {Number/Boolean} 情報
    poke_storage {String} 所有できるポケモン
    item_storage {String} 所有できるアイテム数
    daily_bonus {Object} 毎日のボーナス
      NextCollectTimestampMs {Number} 次のアイテム入手更新時間(ms)
      NextDefenderBonusCollectTimestampMs {Number} 次の防衛ボーナス更新時間(ms)
    currency {Object} 所持金
      type {String} 種類
      amount {Number} 数量

■ Pokeio.GetLocation(callback)
Google マップ API を使い、現在の緯度・経度から、各国表記での住所を表示する
callback {Function(error, formattrd_address)}
error {Error} エラー
formatted_address {String} 各国表記での住所

■ Pokeio.GetLocationCoords()
Pokeio 内部変数に位置を保存する。緯度・経度または地名を指定できる
location {Object} 位置
  type {String} 'name' または 'coords'
  name {String} Google マップ API を使い検索する地名
  coords {Object}
    latitude {Number} 緯度
    longitude {Number} 経度
    altitude {Number} 標高
callback {Function(error, coordinates)}
error {Error} エラー
  coords {Object}
    latitude {Number} 緯度
    longitude {Number} 経度
    altitude {Number} 標高

 

プログラム例:

var a = new PokemonGO.Pokeio();
var location = {
 type: 'coords',
 coords: {
  'latitude': 35.712271,
  'longitude': 139.770557,
  'altitude': 0.0
 }
};

var username = 'abcde@gmail.com';
var password = 'xyz';
var provider = 'google';

a.init(username, password, location, provider, function(err) {
 if (err) throw err;

 console.log('1[i] Current location: ' + a.playerInfo.locationName);
 console.log('1[i] lat/long/alt: : ' + a.playerInfo.latitude + ' ' + a.playerInfo.longitude + ' ' + a.playerInfo.altitude);

 a.GetProfile(function(err, profile) {
  if (err) throw err;

  console.log('1[i] Username: ' + profile.username);
  console.log('1[i] Poke Storage: ' + profile.poke_storage);
  console.log('1[i] Item Storage: ' + profile.item_storage);

  var poke = 0;
  if (profile.currency[0].amount) {
   poke = profile.currency[0].amount;
  }

  console.log('1[i] Pokecoin: ' + poke);
  console.log('1[i] Stardust: ' + profile.currency[1].amount);

  setInterval(function(){
   a.Heartbeat(function(err,hb) {
   if(err) {
    console.log(err);
   }

   if(hb) {
    for (var i = hb.cells.length - 1; i >= 0; i--) {
     if(hb.cells[i].NearbyPokemon[0]) {
      var pokemon =  a.pokemonlist[parseInt(hb.cells[i].NearbyPokemon[0].PokedexNumber)-1];
      console.log('1[+] There is a ' + pokemon.name + ' near.');
     }
    }
   }
  });
  }, 5000);

 });
});

 

デモ:

node --debug-brk=28179 --nolazy example.js
Debugger listening on port 28179
[i] Logging with user: abcde@gmail.com
[i] Received Google access token!
[i] Received API Endpoint: https://pgorelease.nianticlabs.com/plfe/196/rpc
1[i] Current location: 2-1 Uenokōen, Taitō-ku, Tōkyō-to 110-0007, Japan
1[i] lat/long/alt: : 35.712271 139.770557 0
1[i] Username: abcde
1[i] Poke Storage: 250
1[i] Item Storage: 350
1[i] Pokecoin: 0
1[i] Stardust: 35247
[i] Logged in!
1[+] There is a Magikarp near.
1[+] There is a Psyduck near.
 

家で実験:

Github からプログラムコードを入手。[Clone or download]ボタンで Pokemon-GO-node-api-master.zip をダウンロード
cd C:\Git\Pokeio
npm install request
npm install geocoder
npm install protobufjs
npm install gpsoauthnode
npm install s2-geometry
npm install node-pogo-signature
npm install long

node example.js

 

日本語化:
pokemons.jsonポケモン名を日本語にしました。
https://1drv.ms/u/s!AtrmEyB9KEJijlh96gjw3mpSjoFX

 

プログラム例(ビュー):
<script src="https://code.jquery.com/jquery-1.11.3.min.js"></script>
<script>
  $.get(
    '/loc',
    function(data){
      $('#locationName').text(String(data));
    }
  );
  $.get(
    '/nearby',
    function(data){
      $('#nearbyPokemon').text(String(data));
    }
  );

  $('#set').click(function(){
    $.post(
      '/set',
      {latitude:$('#latitude').val(), longitude:$('#longitude').val()},
      function(data){
        $('#locationName').text(String(data));
        $('#nearbyPokemon').text('');
      }
    )
  });

  $('.map').click(function(){
    var id = $(this).attr('id');
    var data = id.split(',');
    $('#latitude').val(data[0]);
    $('#longitude').val(data[1]);
    $('#set').click();
  });

  setInterval(function() {
    $.get(
      '/loc',
      function(data){
        $('#locationName').text(String(data));
      }
    );
    $.get(
      '/nearby',
      function(data){
        $('#nearbyPokemon').text(String(data));
      }
    );
  }, 5000);
</script>

 

eexさんの情報(eextutto):
LEDのついた万歩計程度のもので、GOプラスに内蔵されてる振動センサーやら時計機能やらを元にポケモンが出現したことにして、アプリを立ち上げると位置に見合ったポケモンが出てきたことにすればいい

ポケストップからのアイテム入手は?
→ 近くを通ると自動的にアイテムを入手する。定期信号を送信して、スマホ側で位置ログを残せばよい

ダイアログ・セミコンダクター DA14580:「Pokemon GO Plus」のBLEソリューション、採用の決め手は

東京でポケモンGO

コラッタ、文京区、0723、1020

f:id:sato7411:20160723130425p:plain

 

カイロス、文京区、0723、1039

f:id:sato7411:20160723130612p:plain

 

ズバット、文京区、0723、1222

f:id:sato7411:20160723160900p:plain

 

サンド、文京区、0723、1228

f:id:sato7411:20160723131007p:plain

 

ニョロモ、文京区、0723、2054

f:id:sato7411:20160725013702p:plain

 

トランセル、文京区、0723、1033

f:id:sato7411:20160723132404p:plain

 

ドードリオ、文京区、0723、2011

f:id:sato7411:20160724022238p:plain

 

トサキント、文京区、0723、2053

f:id:sato7411:20160724022338p:plain

 

ポッポ、文京区、0724、1354

f:id:sato7411:20160725030809p:plain

 

 

ビーコン、モノのインターネット(IoT)、Bluetooth Low Energy(BLE)

(株)ACCESS よりビーコンの使い方のマニュアルが出ていました。

https://a-beacon.com/manual/

 

管理アプリ(iPad) / 管理サイト(ウェブ)

ビーコン機器(ビーコン端末)

リファレンスアプリ(スマホ / タブレット

 

スマホ / タブレット
位置情報を有効化
Bluetooth を ON
プッシュ通知をタップすると配信要素をアプリで開きます
LINK の場合は、URL をタップするとウェブページを表示します

 

■ リファレンスアプリ
ログイン / ログアウト(メールアドレスまたはユーザID、パスワード)
事業者ID
商品説明 / ポイントカード / スタンプラリー / クーポン配信 / 勤怠管理 / Passbook / Google Glass

 

■ 管理サイト
PUSH配信の要素
 TEXT、TEXTBOX、NUMBER、IMG、FILE、EXTERNAL_IMG
 LINK、DATE、EXPIRED(有効期限)、AVAILABLE(有効 / 無効)
 JSONJSON形式のテキスト)

トリガー対象(ビーコン(グループ)、位置情報、NFC
日程(任意期間、日時・曜日繰り返し)
配信条件(常に配信、性別、年齢)

■ ビーコン機器
特性
 UUID
 Type
 isLowBattery
 is3axis
 TxPower(送信パワー)
 Adv Interval(送信間隔)
 Measured Power(キャリブレーション用電波発信強度)
 Battery Level(電池残量低下の警告)、Notify Battery Low(電池残量低下通知)
 Term Of Signal(s)(ボタン押下時の信号送信時間)※ボタンビーコンのみ対応
 LED Control(電波発信時のLED点灯/点滅On/Off) 
表示項目
 名前
 Major / Minor
 Proximity (Far / Intermediate / Near / Unknown)
 RSSI (受信強度)

リージョン(=ビーコングループ: UUID / Major / Minor で指定する)
クラウドデータ、ビーコンデータ、ビーコンパラメータ

ファームウェア更新、nRF Toolbox App、Nordic

 

GPS 位置情報
位置情報名
経度、緯度、距離(プッシュ受信領域の半径)、概要(住所)、都道府県、都市名

 

■ ログ
ビーコンアクセスログ、ユーザアクションログ、コンテンツ取得ログ
(アプリユーザの行動履歴ログ)

ユーザ
 メールアドレス
 エリアに属する、エリアは4階層まで、エリアで配信要素を制限する

ヒートマップ
 多くのユーザを検出すると赤に変化する
 ビーコンと通信したスマホ/タブレットがビーコン間を移動した動線を表示

 

■ Wallet(Passbook)
空港アプリで搭乗券を購入し、右上のボタンを押して Wallet(Passbook)に追加する。空港アプリを起動しておく。搭乗口のビーコンに近づくと、一覧に搭乗券名が表示される。タップすると、Wallet(Passbook)アプリが起動し、紐付けられた搭乗券が表示される。

 

Google Glass
[事前準備]
MyGlass アプリを iPhone にインストールする。iPhoneGoogle GlassBluetooth でペアリングする。MyGlass アプリで表示した QR コード(接続名とパスワード)を、Google Glass で読み取って、サインインする。Google GlassWifi 経由でネットワークに接続可能になる(Google Glass 単体ではパスワードを入力することができないため)。

案内アプリに Google アカウントでログインする。Google Glass がビーコンに近づくと、データ要素が配信され、Google Glass と案内アプリの両方に表示される。

 

■ 雑
https://fabkura.gitbooks.io/ble-docs/content/


 

介绍在欧洲和美国流行的日本人乐队。

■■ 宝宝金属 ■■

給我巧克力!!

www.youtube.com

捉迷藏

www.youtube.com

 

IoT 末端分析

参考:http://rethink-iot.com/2016/06/09/ibm-cisco-access-thingworx-race-iot-edge-analytics/

無線通信での、セキュリティソフトとファームウェアのアップデート
クラウドで分析するために、データを送信する前に事前処理を行い、ネットワークの負荷を軽減する
node.js や PhantomJS(JSCore)がベースの JavaScript エンジンを使ったソフトウェアよりも省メモリで動作する

 

HTML5 ユーザーインターフェイス]( node.js 系でアプリ開発)
  |
Chromium ベースの軽量ブラウザ]
  |
[独自OS]と[ node.js の実行環境の1つ]と[無線 LAN]

 

開発ツール Express

参考: http://www.tutorialspoint.com/nodejs/nodejs_express_framework.htm

■ ハローワールド

ファイル:app.js
var express = require('express');
var app = express();

app.get('/', function (req, res) {
  res.send('Hello World!');
});
// app.get('/index.htm', function (req, res) {
//    res.sendFile( __dirname + "/" + "index.htm" );
// })

app.listen(3000, function () {
  console.log('Example app listening on port 3000!');
});

 

■ GETメソッド

ファイル:index.htm
項目入力を作成
フォームの送信先を action="http://127.0.0.1:3000/process_get" にする

ファイル:app.js
public ファイルの公開(ブラウザで直接URLを指定して表示できるファイル)
index.htm の表示
process_get の表示(応答)
サーバーの listen

■ POSTメソッド

ファイル:index.htm
項目入力を作成
フォームの送信先を action="http://127.0.0.1:3000/process_post" にする

ファイル:app.js
urlencodedParser の用意
public ファイルの公開(ブラウザで直接URLを指定して表示できるファイル)
index.htm の表示
process_post の表示(応答)
サーバーの listen

 

■ ファイルアップロード

ファイル:index.htm
ファイル名を選択(input type="file")
フォームの送信先を action="http://127.0.0.1:3000/file_upload" にする
また、enctype="multipart/form-data" で、POST

ファイル:app.js
bodyParser の用意
multer の用意(ファイルアップロードのモジュール)
public ファイルの公開(ブラウザで直接URLを指定して表示できるファイル)
index.htm の表示
file_upload の応答(POST)
 保存先のファイル名を用意
 readFile( path, function () { writeFile( file, data, function () {
   結果表示
     });
 });
サーバーの listen

 

■ クッキー

ファイル:app.js
cookieParser の用意
/ の表示時に、req.cookies で、クライアントから送られたクッキーを取得
サーバーの listen

 

MySQL

参考:https://codeforgeek.com/2015/01/nodejs-mysql-tutorial/
参考:http://atmarkplant.com/nodejs-mysql-basic/

package.json - "dependencies": { - "mysql": "^2.5.4"

npm install

ファイル:app.js
var express    = require("express");
var mysql      = require('mysql');
var connection = mysql.createConnection({
  host     : 'mysql001.db.com',
  user     : 'laa0397',
  password : 'abcdef',
  database : 'laa0397-db'
});
var app = express();
connection.connect(function(err){
  if (!err) {
    console.log("Database is connected ... nn");    
  } else {
    console.log("Error connecting database ... nn");    
  }
});
app.get("/control/mysql_responds", function(req,res) {
  connection.query('SELECT * from co_person', function(err, rows, fields) {
    connection.end();
    if (!err)
      console.log('The solution is: ', rows);
    else
      console.log('Error while performing Query.');
    });
});
app.listen(3000);
→ 更にプール接続に変更する

 

HTTPS

ファイル:bin/www

var https = require('https');
var fs = require('fs');

var options = {
  key: fs.readFileSync('/var/www/html/homepage/keys/server.rsa'),
  cert: fs.readFileSync('/var/www/html/homepage/keys/server.crt')
};
var server = https.createServer(options, app);
 

■ ルーティング / ビュー / パブリック

ファイル&フォルダ:
  routes / index.js、users.js
  views / index.ejs
  public
render を実行すると、ビューに置かれ編集した HTML を表示する
send を実行すると、データを送信する

 

■ ボタン押下

ファイル:views / index.ejs
<input name="like" id="like" value="Like" type="submit" /> <input name="count" id="count" value="0" type="text" readonly />
<script src="https://code.jquery.com/jquery-1.11.3.min.js"></script>
<script>
  $('#like').click(function(){
    $.post(
      '/test',
      {name:"ABC", email:"abc@yahoo.com"},
      function(data){
        $('#count').val(data);
      }
    )
});
</script>

ファイル:routes / index.js
/* Button click. */
var count = 0;
router.post('/test', function (req, res) {
    count += 1;
    res.send(String(count));
    console.log('works');
});

 

■ 空きメモリ量

ファイル:views / index.ejs
空きメモリ量<span id="freemem"></span><br>
<script src="https://code.jquery.com/jquery-1.11.3.min.js"></script>
<script>
  setInterval(function() {
    $.get(
      '/freemem',
      function(data){
        $('#freemem').text(String((Number(data)/1024/1024/1024).toFixed(3))+' GB');
      }
    )
  }, 300);
</script>

ファイル:routes / index.js
/* Memory information. */
const os = require('os');
router.get('/freemem', function (req, res) {
    res.send(String(os.freemem()));
    console.log('freemem');
});

 

■ HTTP プロキシ(HTTPS プロキシ)

ファイル:proxy.js

var http = require('http');
var httpProxy = require('http-proxy');
var url = require('url');

var proxy = httpProxy.createProxyServer({});
var server = http.createServer(function(req, res) {
  var hostname = req.headers.host.split(":")[0];
  var pathname = url.parse(req.url).pathname;

  if (hostname == 'example.com' || hostname == 'apache.example.com') {
    proxy.web(req, res, { target: 'https://localhost:8443', secure: false });
  } else if (hostname == 'node.example.com') {
    proxy.web(req, res, { target: 'https://localhost:8124', secure: false });
  } else {
    res.writeHead(404);
    res.end();
  }
});
server.listen(80); 

 

(作成中)

パナマ文書

租税回避地を利用しての節税を放置したままで、来年4月の消費税率10%への増税は、ありえないと思いますが、どうでしょう。経過を見守りたいと思います。

 

2016年5月10日午前3時、公開日

[予想]
日本の多くの大企業、会社経営者、が名前を連ねる。宮内氏かな。

[実際]
公開のウェブページ: https://offshoreleaks.icij.org/
国で探す(Search by country)と管轄で探す(Search by jurisdiction)があって、
前者にて、人名、会社名、住所、を入力して、検索する。

 

2016年5月、やばそうな情報

Kazuhiko ASAKAWA、AIJ投資顧問
SOKA GAKKAI, INC. (opencorporates から Panama 所在で見つかる)、創価学会
NHK GLOBAL INC.
パナマップ: http://153.120.36.84/

ダウンロードした csv をテキスト検索(Bunkyo)

東京都文京区白山1-33-16 パークコートプレイス 801、1F ネオスタンダード、2F澤田こどもクリニック、3F NiCT、4F NiCT、5F 医療法人社団 同友会、6F NiCT、7F NiCT、8F空き、9F 日本ビル管理保証(株)、9F Grace international Ltd.、PH T.S Investment Ltd.、KIYOTSUGU KAWASAKI
東京都文京区弥生2-4-22、リサーラ東京(有)、MUTO KAZUHITO、塚本和子
東京都文京区白山4-33-21 ライオンズマンション白山 303、TSUSHIMA KOJI
東京都文京区本郷3-15-2 本郷二村ビル、OZAKI SHIGERU
東京都文京区白山5-22-1 コロナビル 2F (〒112-0001、Shiroyama Ichilhara Building)、YASUHIKO ONO
東京都文京区千駄木3-36-8 シルバーパレス千駄木 601、TAKATOSHI KUWAHARA
東京都文京区小石川4-16-13 小石川パークタワー 1705、YASUSHI KINOSHITA、http://www.kinoshita.com/
東京都文京区本郷4-9-25 真成館ビル 604、JASC 日本資産証券化センター、柳川 勇夫、YATSUKI MATSUMI
東京都文京区大塚3-3-14 茗荷谷パークホームズ 901、Hisako Akutagawa
東京都文京区本郷4-12-16 トーア文京マンション 305、WATARU YOSHIKOSHI
東京都文京区音羽1-14-2 三井音羽ハイツ 1303、Masaru Yamamoto
東京都文京区西片2-25-8 モンテベルデ本郷西片 703、Shiro Otomo

2016年5月28日午後10時

来年4月の消費税率10%への引き上げについて、2019年10月まで2年半延期

 

(作成中)

電子幽霊

テキストエディタに勝手に言葉が入力される。

ウェブブラウザに何度も同じメッセージの広告が表示される。

平成28年度診療報酬改定

病床機能報告制度

・電子レセプトへの病棟情報の記録について
  入院基本料、又は、特定入院料・その他、にかけて記録する(DPC以外)

・病床機能報告用マスター ファイル仕様説明書

・病床機能報告用マスターファイル(サンプル)(Zipファイル)

 

 診療報酬改定に伴う各種マスターの仕様変更

・医科診療行為マスター

1 項目の変更
(1) 項番 65 が「入院基本料区分(最大バイト2)」から「予備(最大バイト2)」に変更
(2) 項番 117 が「予備(最大バイト3)」から「点数表区分番号(最大バイト30)」に変更
(3) 項番 118 が「予備(最大バイト3)」から「非侵襲的血行動態モニタリング加算(最大バイト1)に変更
(4) 項番 119 が「予備(最大バイト3)」から「凍結保存同種組織加算(最大バイト1)」に変更

2 フラグの変更
(1) 項番 22 の「看護加算」に「68:夜間75対1看護補助加算」と「69:夜間看護体制加算」が追加
(2) 項番 23 の「麻酔識別区分」に「7:臓器移植術加算・~」の追加と「8:術中経食道心エコー連続監視加算」の変更
(3) 項番 24 の「入院基本料加算区分」でコードの変更
(4) 項番 42 の「上限年齢」に「AE:生後90日」が追加
(5) 項番 46 の「処置乳幼児加算区分」に「5:6歳未満乳幼児加算(処置)が算定できる診療行為」等の変更、追加
(6) 項番 63 の「包括逓減区分」に「108:皮膚灌流圧測定」と「109:シャトルウォーキングテスト」が追加
(7) 項番 70 の「地域加算」に「7:7級地地域加算自体」が追加
(8) 項番 72~81 の「施設基準」でコードの変更

3 コメントコードの追加
(1) コード番号 840****** (コメントパターン 40)、標準負担額経過措置(精神)入院 年 月 日
(2) ADL 区分に係る定型コメントコード(コメントパターン 20)

・その他

食事療養標準負担額・生活療養標準負担額のコード変更
医薬品マスターの収載内容一部変更
未コード化特定機材コードの取扱い

 

記録条件仕様の変更及び記録方法

・包括評価対象外理由レコード

GRレコードの追加、出来高算定理由コード(別表●)の追加
平成28年10月診療分から記録

・病床機能報告の記録

SIレコードを使い、数量データは省略、点数は0を記録する

・その他

国保連固有情報レコード
平成24年3月診療以前分の取扱い
未コード化特定器材の記録に係る文言
日計表レコードの削除
その他文言修正
記録要領と合致していない設定の変更(調剤、SHレコード)

 

 

Gmail (仕事用)を使っていて、iPhone 6 で見たメールの添付ファイルを、ノートPCに移動

仕事のメールは Gmail を使っています。外出のときは自分の iPhone 6 でメールを確認します。ノートPCを持ち歩くことはあるのですが、ポケット Wifi はみんな持ち出し済みで、無いことが多いです。作業上、誰かにメールで送って貰ったファイルを、ノートPCに移動しなければならないときがあります。

ご存じのように、iPhone 6 の ChromeGmail を見ていて、その添付ファイルを、iPhone 6 に保存して加工する、なんてことはできません。特に、zip ファイルは拡張子を zi に変えて添付します。充電用に持ち歩いている Lightning ケーブルで iPhone 6 をノートPCに接続しても、写真ファイルしか扱えません。お金のかかるテザリングは契約しません(例え最初の1年間が無料だったとしても)。

そこで Lightning-USB メモリを購入しました。

Logitec、USB memory for Lightning 16GB、LMF-LGU316GWH

 

iPhone 6 の Gmail からノートPC 】

iSmartCopy アプリをインストール。Gmail アプリをインストール(Chrome では不可でした)。メールの添付ファイルをタップ。全画面に表示されたら再度タップ。右上ボタン(アクションボタン)から「iSmartCopy で開く」を選択。iSmartCopy で開いたら、「完了」、「編集」、そのファイルを選択、「移動」、外部ストレージ、「この場所に移動」。以上で、ノートPCのUSBポートに接続して、ファイルを参照できました。

SafariChrome でダウンロードした exe ファイル等を、「次で開く」、iSmartCopy を選べば、iSmartCopy の iPhone ドライブへ保存できます。そのファイルを外部ストレージに移動(またはコピー)し、ノートPCのUSBポートに接続して、ファイルを参照できました。

  

【 ノートPCから iPhone 6 の Gmail

ノートPCからUSBメモリにコピー(または移動)。iSmartCopy の外部ストレージフォルダでファイルをタップ。全画面に表示されたら再度タップ。右上ボタン(アクションボタン)から「Gmail」を選択(無ければ、その他から追加)。メールの宛先や件名を書いて、右上ボタン(送信ボタン)を押せば、ファイルを添付してメールが送信できました。

 

(追記2016.03.12)

上記方法だと、ファイルを1個しか添付できませんでした。また、文章を、他のアプリからコピーして、メール本文へ貼り付けることができませんでした(バグでしょうか)。

iSmartCopy の外部ストレージフォルダで、「編集」、複数ファイルを選択します。下のメールボタンを押して、iPhone メールで Gmail へメールを出します。そのメール転送して、本当のメールを作成します。

 

(2016.05.02、iPhone で撮った写真を PC に移動)

覚え難いのでメモ。iSmartCopy アプリの外部ストレージのフォルダを選択。下の+ボタンを押し、ライブラリを選択。フォトアルバムやカメラロールからコピーしたい写真を選択する。